1. トップページ
  2. 治療方法一覧
  3. フォトソールプラス

フォトソールプラス

前に戻る

フォトソールプラス

フォトソールプラス
効果と特徴

フォトソールプラス
IPL+RFで美白&リフトアップ
フォトソールプラス

通常、IPLのエネルギーは黒い色に反応する特徴があるため、効果を上げようと照射出力を大きくすると、皮膚内の色素に反応して強い痛みが起きたり火傷のリスクが高くなります。一方、RFは色に反応しないため、皮膚真皮層までエネルギーを効果的に 伝えることができます。
フォトソールはこのIPLとRFを組み合わせることで、より少ない出力で安全に高い効果が得られる治療法として注目されています。
さらに当院では皮膚深層の悩み(たるみ・ハリ・むくみ)にも対応できる様に別のハンドピースを用いて、モノポーラRFも照射します。高周波(RF)が皮下脂肪層まで十分に働きかけることで、さらなるリフトアップ・タイトニング効果が期待できます。
フォトソールが本来持つ皮膚浅層の改善効果に加え、深層へのアプローチをプラスした施術が「フォトソールプラス」です。
フォトソールプラス

※写真はイメージです

pagetoppagetop

●フォトソールの治療

光治療(IPL)と高周波(RF)を組み合わせて、シミ、くすみ、キメの治療を行う最新の治療法です。

フォトソールの特徴

さまざまな肌の悩みに対応できます。

光治療(IPL)とRF(高周波)のコンビネーション治療では、7種類の波長カットフィルターにより、様々な肌の状態に合わせた照射が可能です。

安全で、
施術部位ごとに高度な治療が可能です。

フォトソールは、エネルギーを休止時間を入れながら自動的に分割照射するため、色素沈着や火傷のリスクを軽減することができます。
さらに安全な治療のため照射エネルギーの微調整を行うことができるため、施術部位別に最も効果の高い治療が可能になります

フォトソールの適応

スキンリジュビネーション

シミ、くすみ、キメ、たるみ改善、ひきしめ

そのほかにも・・・
各種色素疾患・血管病変 などに効果があります。
フォトソールは様々な肌のトラブルに効果を発揮することができます。

●モノポーラ RFの治療

モノポーラRFを使用した引き締め、たるみ治療法です。

モノポーラ RFの特徴

皮膚深層や脂肪層に
効果的な照射ができます。

モノポーラRFで使用されている高周波は、Radio Frequency(RF)と呼ばれている種類の電波になります。
このRFは皮膚や脂肪層に対して照射されると熱に変換され、引き締め、コラーゲン生成、リフトアップなどの様々な効果があります。

施術直後から効果を実感できます。

深部と細部に大量のエネルギーが入るため、施術直後から施術効果を実感できます。長期的な効果も持続します。

モノポーラ RFの適応

脂肪のたるみ

フェイスライン、首の部位のたわみ、目のくま、ほうれい線

皮膚のたるみ

毛穴、肌の引き締め、前額のしわ、口周りのしわ、首元のしわ

むくみたるみ

モノポーラRFは、上記のたるみに対応できる治療法であり、引き締め系の治療法としては最高の評価を頂いております。

効果例

フォトソール効果

フォトソール効果

※写真は効果の一例です。
効果には個人差があります。

治療の流れ

  • セルフ洗顔
  • トナー拭き取り
  • フォトソール照射
  • モノポーラ照射
  • 拭き取り
  • 整肌
所要時間 約60分
(施術時間:約25分)

【フォトソールプラスの施術内容】
来院目安 3〜4週間に1度、
5〜6回の施術をおすすめします。
施術後の反応 施術後のダウンタイムはほとんどありません。

※施術部位にわずかに赤みが残る程度です。 ※施術後の部位は日光の影響を受けやすくなっておりますので、日焼け止めを塗布するなどして、充分な紫外線対策を行ってください。 ※また、シミに反応した部分が薄いかさぶたの様になる事がありますが、1週間ほどで自然に剥がれ落ちます。

施術の痛み ほとんどなし

※輪ゴムでパチッとはじいた様な軽度の痛みを感じる場合があります。耐えることができるレベルの痛みですが、気になる方は医師にご相談ください。

メイク 施術直後から可能