<
トップページ > お悩み一覧 > MPフォトブライトニング

MPフォトブライトニング(IPL:フォトフェイシャル)治療

MPフォトブライトニング(IPL:フォトフェイシャル)とは

MPフォトブライトニングとは、シミ、そばかす、美白(くすみ)、赤ら顔、血管拡張などの幅広いスキントラブルを解決できる治療法です。顔全体にフラッシュランプという光を当て、肌本来が持っている美しさを呼び覚まし若々しい肌へと改善していきます。

肌内部に沈着したメラニン(皮膚の色を決める色素で皮膚が黒く見える原因)や、血管拡張の赤みにダメージを与えるのと同時に、本来持っているコラーゲンの再生を活性化させ、肌のトーンがワンランクアップし、美白・美肌の治療に効果があります。

このようなお悩みを治療しております

MPフォトブライトニングの効果と特徴

シミ、そばかす治療に

シミ、そばかすは乾燥や紫外線などの影響で皮膚にメラニン色素が沈着してできます。MPフォトブライトニングの光は、このメラニン色素に働きかけることで色素を浮き上がらせ、数日後には皮膚の代謝でシミ、そばかすが剥がれ落ちます。

美白治療に

MPフォトブライトニングは、美白化粧品などではなかなか効果の出ない方におすすめです。コラーゲンの増生を促すので、肌の内側から美しく変わっていくのが実感できます。

赤ら顔治療に

赤ら顔は、毛細血管が拡張した状態です。MPフォトブライトニングの光を当てることで、余分な血管を縮小させ、赤みを目立たなくします。肌のくすみが消え、透明感のある肌へと変わります。

当院のMPフォトブライトニング治療のポイント

MPフォトブライトニング治療の3つのポイント
幅広いスキントラブルを解決できる治療法
シミ・そばかす・くすみ・赤ら顔・血管拡張など幅広いスキントラブルを解決できる治療法です。今、目に見えているシミはもちろん、未来のシミまで消していきます。
ひとりひとりに合わせた最適なパワー設定
その方のスキンタイプや照射部位別にパワーを設定。濃いシミの部分へは重ねて照射するなど効果的な照射を行います。
ダウンタイムなしで目に見える効果!
施術後すぐにメイクをしてお帰りいただけます。反応したメラニン(シミ)は数日後ポロポロと落ち、目に見える効果を実感していただけます。

MPフォトブライトニング治療の症例写真

症例写真:シミ治療

治療の流れ

治療に関して

治療時間 60分(照射時間15〜20分) 痛み クリーム麻酔併用可
メイク 当日から可能 入浴 当日から可能
来院目安 月に1回(合計5〜6回) アフターケア 日焼けに注意

治療の流れ

STEP1 医師による診察
担当医師が責任を持って、診察をいたします。
不安な事など、どんな些細な事でもお気軽にご相談ください。
患者様の肌の状態にあった治療法を提案いたします。
STEP2 照射準備
洗顔をして、メイクを落とします。
STEP3 照射
照射準備が整ったら、照射を行います。フラッシュランプの照射ごとに、「ゴムで強く弾かれるような痛み」があります。我慢できないほどの痛みではありませんが、ご希望の方へは照射前にクリーム麻酔を塗布しております。(代金別途¥1,080)
STEP4 クーリング・整肌
照射後は、ジェルでお肌を冷やしたあと、化粧品・UVクリームなどを塗布し整肌を行います。施術後はメイクをしてお帰り頂けます。
※反応したメラニンが濃く浮き上がった状態になる、または赤味が出現する場合もあります。コンシーラーなどご入用でしたら、jane iredaleのミネラルコスメをご用意しております。美容液がそのままメイクアップ用品になった肌に優しいながらもカバー力のあるベースメイクアップ用品がありますのでお申し付けください。

料金のご案内

治療内容 料金(税込)
全顔 1回 ¥23,760
首 1回 ¥15,660
手の甲(両手) 1回 ¥9,180

良くあるご質問

シミが気になるのですが、レーザー治療とどちらが良いですか?
気になるシミが大きいものや数個程度であれば、レーザー治療が適している場合が多いです。顔全体に小さなシミが多数ある場合や、そばかすが気になる場合はMPフォトブライトニングで1度に広範囲の照射をおこなった方が効率よく治療できます。 波長が幅広いので、シミ以外にもコラーゲンを増やし肌にハリを与えたり、小鼻わきや頬の上部などにある細い毛細血管の拡張なども改善する効果があります。
今、気になるシミはもちろん、2〜3年後に出てくるシミにも効果的です。
1回でシミは取れますか?
1回の照射でも効果は実感いただけますが、レーザーのように1回の照射でシミを消すようなパワーはありませんので治療回数が必要です。月に1回のペースで合計5〜6回を目安におこなっていきます。
レーザーのように照射後かさぶたになったりせず、ご自宅での消毒等も不要ですので、日常生活に差し支えなく徐々にきれいにしていける治療法です。
痛みはありますか?
照射1発ごとにゴムで強く弾かれるような痛みがあります。
我慢できないほどの痛みではありませんが、ご希望の方へは照射前にクリーム麻酔を塗布しております。
取れないシミはありますか?
毛細血管やシミの種類などによっては反応しにくいものもあります。その時にはレーザー治療や外用療法を取り入れる場合もあります。また、肝斑という特殊なシミへの照射には「フォトリッチ」という機器をご用意しております。初回の医師の診察にて適用を診断しております。
肝斑へはビタミン剤の内服や、イオン導入の併用もおすすめです。
治療するにあたって何か注意点はありますか?
反応したメラニンが当日より浮き上がった状態で濃くなり、3〜4日してかなり目立った状態になります。5日ほどでポロポロ落ちてシミは薄くなります。一時的に病変部が濃くなるため、念のため照射後1週間は大事な用事のない日を選ばれることをお勧めします。照射直後よりメイクは可能ですので、浮き上がったメラニンや照射後の赤みは隠すことができます。
また、日焼けをされている方は皮膚のメラニン量の過剰により施術をご提供できません。日焼けの影響が落ち着くまで、治療は控えさせていただいております。治療期間中の日焼けも厳禁です。日焼け止めクリームを必ずご使用ください。

治療方法一覧