トップページ > お悩み一覧 > イボ取り

「イボ」について

「イボ」は別名疣贅(ゆうぜい)とも呼ばれ、代表的なものにウィルス性疣贅と老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)があります。
ウィルス性のものはヒト乳頭腫ウィルス(ヒトパピローマウィルス)感染によってできる腫瘤のことをいいます。

ウィルス性なので感染する可能性はありますが、健康で正常な皮膚には感染しません。ただ傷があるとそこから表皮細胞に感染することがあり、また、「イボ」を触って引っ掻いたりしても、ウィルスが周囲に広がり、「イボ」が増えることがあります。

老人性疣贅は「老人性イボ」といわれるもので、皮脂腺の多い脂漏部位に多く発生する脂漏性角化症のことです。
顔や首にできる「イボ」は皮膚の老化が原因で、表皮の角化細胞が増殖する良性腫瘍です。
悪性化の恐れはほとんどありません。

そのほか子供に多く感染し伝染性軟属腫ウィルスが原因でできる「水イボ」と呼ばれるものもあります。
安易に触ると増えたり大きくしてしまいますので、早めに医師にご相談ください。

イボイメージ

※写真はイメージです。

お悩み一覧