トップページ > お悩み一覧 > くま

「クマ」について

「クマ」と呼ばれるものは、大きく3つに分けられます。

①眼精疲労タイプ
残業や不規則な生活、パソコンに一日中むかっている人に多いタイプです。これは血流やリンパ流の循環障害によるものです。目の周りは皮膚が特に薄いにも関わらず血流が豊富な部位であり、血液のめぐりが悪くなるとうっ滞した静脈が透けて見えることからこういう症状が起こるのです。

②なみだ袋タイプ
老化によって下まぶたの皮膚や筋肉がたるむと、眼球を包んでいる脂肪(眼窩脂肪)が突出してきます。このいわゆる「なみだ袋変形」によって、その下方に影が生じると老けた印象の目になってしまいます。また老化によるものだけでなく元々の骨格や眼球の大きさにより、若くてもこのなみだ袋が目立つ人もいます。

③色素沈着タイプ
目の周りの皮膚が炎症を起こすとメラニン量が増えて色素沈着を起こします。それが積み重なると色がどんどん濃くなって目立つようになります。

くまイメージ

※イラストはイメージです。

お悩み一覧